1. >
  2. スキンケアは大切

スキンケアは大切

スキンケアをちゃんとしていれば、肌荒れ防止になるということです。私はニキビ肌がとても悩みで皮膚科にも通っておりました。ベタベタつけ過ぎるのは好きではないため、スキンケアは化粧水と乳液のみでした。皮膚科の薬は効きますが、軟膏のような塗り薬で寝る前に付けるものなのでベタベタ感が気になり不眠になってしまいました。友人の勧めで初めてオールインワンジェルを使用するようになってからは、皮膚科にも通わなくなりニキビも改善されました。

スキンケアは必ずしもたかくつかない。

スキンケアというと贅沢な、高価なイメージがありますが、私はそれほどお金をかけていません。バブルの時代は高い化粧品を買うことがステイタスシンボルみたいだったので必ずデパートの化粧品カウンターで買ったりしていましたが、だんだん馬鹿らしくなってきました。ニキビができれば、消毒をして清潔を保っていればたいてい直ります。乾燥は入浴するときに手作りのバスソルトを入れておけばしっとりです。ひどい乾燥の時には洗顔後にオイルを一滴顔中にのばせば解決します。肌のトラブルは寝る前にオロナインを塗っておけば翌日には改善します。なんだかコマーシャルに振り回されてスキンケア商品を買っていたのが無駄に思える年齢になりました。年齢とともに自分の肌との付き合い方がわかってきました。

スキンケアはまず体の内側から!

私は小学生の時からスキンケアには興味がああって、気づいたら自分で化粧水などを買うようになっていました。いろいろな種類の物を使ってきましたが、今一番思うことは、外側から与えるのも大事だけど、内側から満たすことがもっと重要だということ。どんなに高くていい化粧水などを使っていても、水分や栄養が不足していれば、乾燥したり、ニキビができたりと肌は荒れてしまうんです。なのでまずスキンケアで大事なことは、水を沢山飲むこと。できればよりきれいな水を。そしてバランスよく栄養をとる。よく言われることだし、とても簡単なことに聞こえますが、それをやっていない人は多いと思います。少しでも綺麗になりたいと思うのなら、その簡単なことからしっかりとやってみるべきだと思います。高い化粧水などはそれができるようになってからでいいと思います。